ビキニラインのムダ毛を処理するなら

水着や下着からはみだすムダ毛に、焦った経験がある人も多いのではないでしょうか。
手っ取り早くカミソリやシェーバーでの処理するのもいいかもしれませんが、
カミソリやシェーバーでは脱毛ではなく除毛でしかないので、
延々と処理し続けなければなりません。
この手間暇を省くには、除毛処理ではなく脱毛処理が一番です。

エスサロンなどでデリケートゾーンの脱毛をして自己処理から解放

皮膚がデリケートなビキニラインのムダ毛の脱毛をするには、
カミソリやシェーバーで自己処理をするよりも、
エステサロンや医療機関で脱毛処理を受けるほうがきれいに処理できます。
延々と自己処理を続けていると、肌が黒ずんできたりカミソリ負けを
起こしてしまったりしますが、脱毛処理を受ければ、
再度生えてくることはないし、自己処理からも解放されます。

黒いものに反応するので最初は少し痛みがあるが、徐々に和らぐ

エステサロンであっても医療機関であっても、
黒いものに反応する光やレーザーを使っているので、
太くて黒い毛が密集しているビキニラインの脱毛処理の際には
最初は痛みがありますが、その痛みを何回か我慢すれば、
2年程度でだいたい満足できる状態になれるでしょう。
痛みの感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、
ムダ毛の量が減るにつれて、反応する黒い部分が減ってくるので、
処理時の痛みも減ってきます。最初はすごく痛いと思っていても、
だんだん慣れてきて、我慢できるという人がほとんどです。

エステサロンや医療機関での脱毛も選択肢の一つに

エステサロンや医療機関での脱毛であれば、自己処理から永遠に解放され、
除毛が原因の肌トラブルからも解放されるので、ムダ毛の処理を
どうしようか悩んでいるなら、選択肢の1つに入れてみるといいでしょう。

パートナーへの配慮も考慮したいvライン脱毛

近年の女性が行うボディケアの中でも定着してきている
アンダーヘアーのムダ毛の処理。恥ずかしさっという抵抗よりかは
清潔さを得たいと考える女性も年々増え評判のハイジニーナ脱毛店も増えていると思います。

処理方法は主に医療クリニックやエステサロンなので施術を施す、
永久脱毛が一般的です。また、そのようなアンダーヘアーの処理のことを
VIOライン脱毛と呼び、施術内容やそれぞれの方法、
そしてメリット、デメリットなどの情報が身近に入手できる時代ともなりました。

VIOとは、ビキニラインのV、性器周辺のI、そして肛門周りのOの事を言います。
その中でも特に施術を受ける女性が多いのがvライン脱毛と言われています。

vラインは女性なら誰しも処理する箇所

主に、vラインは水着の着用の際や、ファッション性の高い下着を着用する際に、
はみ出さない事を目的としていることから、
施術を受ける女性が多いというのも頷けます。

vライン脱毛を施術する上で気をつけたいことは、
どのようなラインを描くかを明確にすることです。

形などについてはカウンセラーと相談して検討する

そのため、クリニックやエステサロンで施術を受ける前のカウンセリングは、
恥ずかしがらずに、しっかりとカウンセラーに相談しましょう。
人それぞれに毛質や脱毛が必要な範囲はことなりますので、
仕上がりをイメージして、自然で美しいvラインをイメージすることが、肝要になります。

完全に処理してしまいたい部分はきちんと永久脱毛を施すことが適切ですし、
ビキニラインに向けて自然な感じで毛の量が薄くなっていくことが美しいといえます。
もちろん、人により好みはありますので、
その他のデザインも考えられますが、永久脱毛ということを考慮すれば、
大事なパートナーへの配慮も忘れてはならないのではないでしょうか。

完全なつるつる(無毛)にするか形を残すか

  <p class="">

上記でも触れていますが、完全な無毛にするかどうかはパートナーと相談したりし
最終的に自分のやりたいようにするのが良いと思います。
カウンセラーさんに相談する前段階で、まず自分自身が毛を残すのか、全部なくすのか。

という判断はしたほうが良いです。あやふやな状態で相談するよりも
ある程度決心をしておいたほうがスムーズに話も進みますし、一歩深いところの提案を
くれるかもしれません。何でもかんでもわからないだと教える側も基本の1から10まで説明
しないといけなくなってしまうので本当に提案したい内容まで面倒になって教えてくれないかも
しれないですし。

形に関しては種類は限られています。そこに微調整を加えるかかと思います。
・逆三角形(▼)
・長方形(細めと普通の2パターン)
・たまご形
このくらいは把握しておきましょう。
例えばみてみないとわからないとかであれば、普通に自己処理するときに
形を整えるシートとか市販で売ってます。脱毛エステサロンで処理をする前に
一旦、そういったシートとワックスで見た目がどんな感じかを試してみると良いと思います。
まあ既に把握している子のほうが多いと思うんですが失敗してほしくないのでこのあたりは
かなり重要かと思いますね。